このサイトの情報を確認して頂けたら家庭教師というお仕事の素晴らしさを理解して頂けるかと思います。

家庭教師の持ち物は何があった方が便利?

顎に手を当てる女子高生

・文房具は一通り揃えておく
文房具といえばさまざまなものがありますが、最低限でもボールペンやシャープペン、鉛筆や消しゴム、それに定規や付箋などもあると便利です。

特にボールペンについてですが、普通のボールペンに加えて多色ボールペンがあると活用することが多いです。たとえばテストの見直しをするときや重要な項目をマークするときなどに赤や青、ときどきそのほかの色も使うことがあります。

文房具はなるべく豊富に揃えておきたいものです。その方がさまざまな場面において柔軟に対応することが可能です。

・スケジュール帳
家庭教師が終わったあとに次回の予定を立てることになるわけですが、一度に複数の日を予約することになってしまうと頭では覚えきれなくなってしまいます。

スマートフォンなどで予定を登録する方法もありますが、いちいちスマートフォンを取り出して操作をしなければいけませんし、スケジュール帳なら取り出すだけでさっと今後の予定を把握することが可能です。

またスケジュールの書き込みについても容易にできることが多いです。大きなサイズだとかさばってしまうことがあるので、小さなものでも構いません。

自分のスケジュール帳を一つ用意しておくととても重宝します。

・飲み物やお菓子など
訪れる家庭によって違うかもしれませんが、中にはたまにしか飲み物やお菓子がでないという家庭もあります。家庭教師というと長時間続けることが多いため、飲み物やお菓子などがあれば便利なことが多いです。

まず飲み物についてですが、持参するとすればミネラルウォーターやお茶など万一こぼした場合でもベタベタしないものを選択します。

お菓子についてもなるべく床に落ちないようなものを選ぶといいです。たとえばスナック菓子などはできるだけ避け、ガムや飴などを選択することがベターです。

そして飲み物やお菓子などを持ち込んでも大丈夫か念のため生徒などに確認しておくことが望ましいといえます。

関連記事

コメントは利用できません。